スカウト体験入隊募集中

見学・体験入隊、いつでも大歓迎です!
活動予定をご覧になり、6団のホームページよりお申込み下さい。

2018年10月28日

関所ハイキング(BVS・CS合同ハイキング)

最後はみんななかま!

ビーバー隊との合同ハイキングを東村山市内で行いました。
年間計画の時から両隊長が楽しみにしていた活動です。
ビーバースカウトには大勢での活動を楽しんでもらうとともに、
カブ隊への上進、上級スカウトへの憧れをもってもらう狙いもあります。


カブスカウトは上級スカウトとして手本になり、
カブ隊のさだめの
<カブスカウトは幼いものをいたわります>を目標に一日過ごしました。

今回は<関所ハイキング>で、スタートは暗号が解読できた組から出発。

東村山駅からコマ地図にしたがって歩きます。
2か所の関所では組対抗ゲームを行い、
昼食場所の狭山公園を目指しました。



ゲームは自己紹介ゲーム、新聞ボールでニアピンショット、
キムスゲームなど。ビーバースカウトも上手にこなし、
組の一員として力を発揮しました。


昼食は狭山公園の太陽広場でとりました。
ビーバースカウトの緊張もすっかり解けて、
全員笑顔での昼食となりました。
昼食後は合同スペシャルでおやつ獲得シューティングゲームもありましたよ。

最後はロープを使った蜘蛛の巣脱出ゲームで、
知力と敏捷力を競い合い、盛り上がりました。



帰りも狭山公園から団舎まで全員で歩きました。
ビーバースカウトには、長い歩きのコースとなりましたが、
最後までしっかり歩き切ることが出来ました。
これもカブスカトウトの声かけや楽しい雰囲気があったからでしょう。

今回の活動から、ボーイ隊から小学6年生のI君、
O君がデンコーチとしてカブ隊の活動に参加しています。

スカウトの良き先輩として活躍してくれることを期待しています!

活動の様子は、こちらからもご覧ください!

2018年10月21日

赤い羽根共同募金&PWDカー製作②

気持ちをあずかりました。

午前中は、久米川駅で赤い羽根共同募金、
午後は保護者の方と一緒に、
パインウッドカー製作を行いました。

久米川駅へは団舎から歩いて向かいました。

S副長が空堀川沿い歩くルートを選択、
初めて歩く道にワクワク、
お天気も良くキラキラ輝く川を見ながらの歩きは、
朝のウォーミングアップにぴったりでした。

久米川駅北口にて募金を開始。
地元の農産物の販売<マルシェ久米川>が開かれていて、
出展者の方々に「ごくろうさま」と声をかけていただき、
募金にもご協力いただきました。
南口と合わせて1時間行い、
多くの市民の皆さんに募金をしていただきました。
帰りは久米川駅より電車で団舎に戻りました。
集計後、昼食前にミニゲームを行って楽しみました。

午後はレースカー製作です。はじめに一人ずつ、
今年の車のデザインとそのデザインにした理由をプレゼンしました。
スピードカー、船、電車、生き物と今年も楽しみな車がそろいました。
発表後、デザインに合わせ、のこぎりを使い、切り出し作業を行いました。

2回目の製作になるしかスカウトは、のこぎりの上達が見られました。
くまスカウトは、ボーイ隊のキャンプで青竹の切り出しの際、
のこぎりの使い方がうまいとボーイ隊長から褒められました。
木工作業の経験が生きている証拠ですね。
これからもいろいろな道具を使えるようになりましょう。

活動の様子は、こちらからもご覧ください!

2018年10月8日

カブ食堂開店

星★★★三つ!

ボーイ隊のくま招待キャンプの最終日に合わせ、
くまスカウトがお世話になったボーイ隊のみなさんに
お礼の昼食を用意するカブ食堂を
うさぎ・しかスカウトで開店しました。

今年のメニューは焼きそばパン。
はじめての焼きそばづくりに挑戦しました。
たよりになる?くまスカウトがいないけれど、

リーダーや保護者サポートのお母さま方の指導をいただきながら、
時間通りに、焼きそばパンとハムサンドを作り終えることが出来ました。
フルーツ缶の缶切り競争でデザートのサイダーポンチが出来上がった時、

くまスカウトがボーイ隊とともにキャンプ地から帰着。
「お帰りー!」とみんなで迎え、昼食となりました。

カブ隊の焼きそばパンはボーイ隊のみなさんからも
美味しかったとの言葉をいただきました。

昼食後はくまスカウトのボーイ隊キャンプ報告を聞きました。


ボーイ隊では、生活のすべてを自分たちで行うことが
カブ隊と大きく違うとのこと、違いに苦労した中にも
楽しさを感じたキャンプだったようです。

報告後、パインウッドカー製作に向け、
しおりの配布、車のデザインを考えて絵を描く作業を行いました。
保護者のみなさま調理活動をサポートいただきありがとうございました。

活動の様子は、こちらからもご覧ください

2018年10月6日

くま招待キャンプ(BS秋キャンプ)

自分たちの力で生活をするんだね

くまスカウト3名が、ボーイ隊の秋キャンプ(2泊3日)に
くま招待キャンプとして参加しました。

キャンプ地は相模湖湖畔の森の中で
静かな「相模湖休養村キャンプ場」です。
行きの電車が山梨県内の踏切事故の影響により
運転見合わせで遅れましたが、昼前にキャンプ場に着きました。
昼食、開所式後、2班にわかれサイトの設営をしました。

くまスカウトは初めての設営です。
ボーイ隊のスカウトに教わりながら、
班の一員として参加しました。
設営後は2日目に使用する竹の切り出しを行いました。

そして夕食準備、魚の三枚おろしを教わりました。

塩焼きにして、豚汁とごはんと一緒にいただきました。
夜は恒例?の肝試しとも言う暗闇歩行訓練を行いました。

2日目は嵐山に登り昼食、相模ダムへと下山しました。

そして、相模湖公園から渡し船に乗船し、
キャンプ場近くの湖畔まで渡してもらいました。
天気も良く、湖面から見る景色は最高でした。

夕食は前日切り出した青竹を使ってご飯を炊き、
生姜焼きをおかずにいただきました。

夜はボンファイヤーでソングを一人ずつ披露、
最後はサプライズで、この日11歳の誕生日を迎えた
くまスカウトF君へハッピバースデーの歌とケーキが!

思い出のボンファイヤーとなりました。

3日目の朝は、時間通りの撤営を目指し、
くまスカウトも出来ることから作業し力をあわせました。
予定どおり撤営が完了。
閉所式し、うさぎ・しかスカウトが待つ団舎へ帰途につきました。

3日間を通して天気に恵まれ、
病気やケガなく過ごすことができ、
秋の野外を満喫したキャンプとなりました。

活動の様子は、こちらからもご覧ください。